CO2削減のしくみ

MCPシステムは、一度使用したアルミ印刷版をもう一度使用する印刷版のリユースシステムです。

 

ここでは、アルミ印刷版のリユースによるCO2削減のしくみをご紹介します。


マイナスカーボンプリンティングシステム(MCP)では通常、印刷プロセスで使用する「電気の缶詰」と言われるアルミ印刷版を再使用(リユース)することでCO2削減に貢献しております。
  従来の印刷プロセスではアルミ印刷版は、1度使用した後は再使用することはできず、リサイクルを行っても品質の観点から、印刷版としては再使用する事ができません。その為、多くの印刷工場ではこの印刷版がスクラップ処理されているのが現状です。しかし、MCPでは、リユース専用完全無処理版(マイナスカーボンプレート)を使用することで、印刷版をリユースすることができます。そうすることで、アルミ版が生成されるまでの工程で排出されていたCO2排出量を、リユースすることにより削減しております。

CO2排出削減量はどのように管理されるのか

マイナスカーボン・プリンティングシステムでは、アルミ印刷版1枚毎にバーコードが刻印され、コンピューターで管理されています。(特許申請中)
この管理方法により、すべての印刷版が、いつ、どこで、何回リユースされたか、従って何kgのCO2が削減されたのか等々のセキュリティーが守られた情報が正確にコンピューターに記録され、間違いのない確かなCO2削減量を公表する事が出来ます。

いつもの印刷物でCO2が削減ができる

会社案内、パンフレットなど通常、印刷会社へ依頼している印刷物を、マイナスカーボンプリンシングシステムを採用している印刷会社に依頼を行うことで、CO2削減に貢献する事が出来ます。
MCPを使用した印刷を選択することで、印刷によるCO2削減に貢献する事が出来ます。

マークにはお客様の会社名を入れる事ができ、CO2削減に貢献していることをうたうことができます。