環境への取組み

マイナスカーボンプリンティングシステム

   マイナスカーボンプリンティングシステム(MCP)とは、当社が独自に開発したリユース専用完全無処理CTP版を使用した印刷システムです。

   一度使用したアルミ印刷版をリユースして使用することでCO2排出量削減に貢献することが出来ます。当システムを採用して印刷された印刷物には、上記マークのとおり具体的CO2削減量と節電量が記載出来ます。

   詳しくは、【版材製造事業部】のページをご覧ください。

リユース版を使用した場合のCO2削減範囲比較図

ペーパーカーボンオフセット

   用紙を媒体とした印刷物作成に欠かせない用紙の調達に関わるCO2排出量を国内クレジット制度を活用しカーボンオフセットを行うスキームを提案しております。カーボンオフセット付き用紙を採用した印刷物には左記のマークを記載することが出来ます。

   詳しくは、【カーボンオフセットプロバイダー事業】のページをご覧ください。

 

 

グリーンプリンティング認定工場

   GP認証制度は、印刷産業会の環境自主基準「印刷サービスグリーン基準」を達成した工場・事業所をお客様へ環境配慮した印刷物を提供する事のできる工場として認定する制度です。また、この基準はグリーン購入法との整合性も確保されており、汎用性に優れた認証制度です。当社は、GP認定工場として基準を満たした製品を提供しております。

 

 

FSC®認証取得

   FSC®(Forest Stewardship Council)認証制度は、適切な森林管理がなされているか評価する「FM認証」と、認証された木材が適切に製造・加工・流通しているか認証する「CoC認証」の2種類があり、日本フォトケミカルではFSC認証紙を取扱うことの出来る印刷会社として「CoC認証」を取得し、FSC認証プログラムに基き適切な認証紙の管理を行っております。

 

 

クリオネマークゴールド+取得

   クリオネマークは、環境保護印刷推進協議会が定めた「認証ステータス登録基準」に準じて制作された印刷物にたいし、基準達成状況に応じて「シルバー」「ゴールド」「ゴールドプラス」の3種類のいづれかのマークを付与することのできる認証プログラムです。日本フォトケミカルは、ゴールドプラスを印刷物に付与できる水準をみたした工場設備と運営を行っております。