カーボンオフセットプロバイダー

  印刷用紙に関わるCO2排出削減量について、国内クレジット制度を利用することによりカーボンオフセットを行うスキームを提案しております。

  紙を媒体とした印刷物作成に欠かせない用紙の調達に関わるCO2排出量を簡便な方法で確実にオフセットする事が可能です。

カーボンオフセットとは?

 カーボンオフセットとは、市民、企業、NPO/NGO、自治体、政府等の社会を構成している人々が活動することによって、必ず排出される温室効果ガスの量を意識し、主体的にこれを削減する努力を行うことです。

 また、削減が難しい部分の排出量については、他の場所で実現した温室効果ガスの排出削減・吸収量等をクレジット(排出権)として購入したり、他の場所で排出削減・吸収を実現するプロジェクトや活動を実施することなどにより、その排出量の全部または1部を埋め合わせることです。

ペーパーカーボンオフセットをしてみませんか?

 最近、さまざまなストーリー性やコンセプトをもったカーボンオフセットを目にするようになりました。印刷業界でも同様の取組みが盛んに行われるようになりました。

 その中で、当社は皆さまに「分かりやすいストーリー」、「確かな数値」それでいて「簡単手続き」で「確実に地球温暖化防止に貢献」出来るペーパーカーボンオフセットを提案致します。

 印刷物を作成する際の全工程のCO2排出量を算定することは、膨大な時間と労力が必要とされます。また専門的知識も必要です。そこで、紙を媒体とした商業印刷物作成において発生するCO2排出量の約7割が用紙の調達工程に関わるCO2排出量と言われていることに着目し、用紙調達に関わる工程にて発生するCO2排出量をオフセット(埋め合わせ)するスキームをご活用戴き地球温暖化防止に貢献してみてはいかがでしょうか。

ペーパーカーボンオフセット申込方法

 ペーパーカーボンオフセットをご活用頂く場合は、「NPO法人マイナス・カーボンプリンティングシステムズ」加盟印刷会社までお問い合わせ下さい。

 カーボンオフセット完了までの流れは次の図の通りです。

 

国内クレジット制度の活用

 当社では、国内の中小企業にて実施された削減プロジェクトから創出されるクレジット(排出権)を取扱っております。

「国内クレジット制度」は、京都議定書目標達成計画(平成20年3月28日閣議決定)において規定されている、大企業等による技術・資金等の提供を通じて、中小企業等が行った温室効果ガス排出削減量を認証し、自主行動計画や試行排出量取引スキームの目標達成等のために活用できる制度です。平成20年10月に政府全体の取組みとして開始されました。

当社保有の国内クレジット

排出削減事業番号 排出削減事業者 事業概要
266 窪田味噌醤油株式会社 味噌・醤油等製造工場におけるボイラーの更新(重油→都市ガス)

諸費用について

  諸費用は、次の通りです。

  ●クレジット購入料金(時価) + 証書発行手数料

     ※クレジット購入料金は、銘柄と購入時期によって変動致します。